仕組みを回しているだけの労働者は、仕組みを作った経営者に対して文句を言う権利はない。

スポンサードリンク





 

今日はこのニュースがTwitterのタイムラインで流れてきた。

 

 

賃金が低く、その賃金を上げるために抗議をしたというニュース。

 

このニュースを聞いて、3000円なんて自分自身で仕事していればすぐに稼げるのにな〜と感じてしまった。

 

むしろこの抗議に費やす労力が無駄じゃないのか??とも。

 

僕は思うに、仕組みを作った人に対して、仕組みを回しているだけの労働者は文句を言う権利はない。

 

仕事をしていて自分の賃金に疑問を感じたら自分自身で上げていけば良いのにって思うんだよね。

 

そもそも給料が安い理由

 

そもそも給料が安い理由って考えたことある??

 

僕が考える一番の理由は、自分自身で給料を決めれないから給料が安いんだよね。

 

経営者が設定した給与を元に求人を出し、労働者がそこに就職して、

 

その会社が利益を出せるように設定された給与で働くから、労働者自身の給与は低くなる。

 

つまり自分の仕事の給与を他の人に決められているから給与が低いんだよね。

 

だからこそ給与が低くても自分の行動ではどうにもできないから、経営者サイドに抗議するしかなくなる。

 

給与が低い理由を考えたら、この結果は当たり前だなって思うと思うんだよね。

 

経営者目線で考えてみよう

 

でも今回の抗議は労働者目線からの出来事だけど、これを経営者目線から考えるともっと色んなことが見えてくる。

 

経営者として自分が会社を経営していたら労働者には何を期待する?

 

仕事の量や、質?

 

仕事の正確さ?

 

ううん。多くの経営者は、自分の設定する賃金の中で精一杯働いて、コストをかけずに仕事をやってくれる人材が欲しいんだよ。

 

その方が会社目線で考えると都合が良いからね。

 

だから労働者のやりがいや、給与なんて考えている経営者はそこまで多くはないと思う。

 

自分が外注さんを使って利益を出すって考えたら分かりやすいけど、

 


どうせ同じだけの給与を払うんだったら、その同じコストで多くの仕事をやってくれる人の方が良いでしょ?

 

今ブラック企業に勤めてて会社に不満を持っている人も、経営者目線なら同じことを労働者に強いる人って多いと思うんだよね。

 

そう考えると答えが出る

 

そう考えるとおのずと答えが出ると思うんだ。

 

会社という組織に属していて、会社に不満を感じたとしても、その仕組みの中でしか動けない人は何も出来ないってことに。

 

悔しかったら自分自身でその仕組みを作れば良いし。

 

極論、仕組みを作っている経営者に労働者は文句を言う権利すらないんだよね。

 

会社の業務がいやなら辞めて違うことをやればいいじゃん。って経営者サイドは考えているだろうし、そんな労働者の代わりなんていくらでもいるからね。

 

ほら。そう考えるとこのニュースの抗議って無駄に感じてこない?

 

その時間があったら自分自身で仕組みを作って稼いだ方がよっぽど効率も良いと思うんだよね。

 

文句を言う前にまずは行動した方が良い

 

正直今の時代なら副業でもなんでもやれば誰でもお金は稼げるようになる。

 

そこにセンスは必要なくて、どれだけ本気で行動したかどうかが分かれ目になる。

 

文句を言って経営者側が変わることを期待する時間があったら、まずは自分の能力や、知識をつけてどんな状況でも稼げる自分になるべきだと思うよ。

 

そしたら3000円なんて気にしなくなるし、小さなことで悩んでたな〜って反省すらするんじゃないかな。

 

厳しいようだけど、仕組みを作った人に対して、仕組みを回しているだけの労働者は文句を言う権利はない。

 

それが世の中の真理です。

 

不安を解消するための便利な方法を解説します【不安を抱えている方向けです】

2018.12.10

モチベーションが続かない?? その薄っぺらい言い訳をすぐに辞めて、揺るぎない覚悟を持ちなよ。

2018.01.30

スポンサードリンク