SMARTの法則に沿って目標を設定してみた!

スポンサードリンク





前回の記事で夢や目標を紙に書いたら叶っていたということを書きました!

 

夢や、目標を紙に書いたら叶うっていう迷信を実践したら恐ろしい結果が出た。。

2018.12.08

 
参考:夢や、目標を紙に書いたら叶うっていう迷信を実践したら恐ろしい結果が出た。。

 
そこから派生して今回は目標設定について書いていきたいと思います!

 
多くの方が、

 
・目標を設定したいと思っていても、どのように設定したら良いのか分からない
・目標が漠然とした内容になってしまう
・大きすぎる目標を設定してしまい、取り組む前から不可能と感じている

 
こういった状況になってしまっており、目標設定を上手くできていないのではないのでしょうか??

 
そういった方たちに向けて神田昌典さんも提唱している「SMART」の法則に沿って目標設定をすることをおすすめしていきます!

 
参考:非常識な成功法則【新装版】

 
「SMART」の法則に沿って目標設定していくことにより、目標設定が具体的に出来て叶う確率がぐっと上がります!

 
今まで目標を設定したにも関わらず挫折してしまっていた方は「 SMART」の法則に沿って目標設定をしてみて下さい!

「SMART」の法則とは

ここでいう「SMART」の法則は目標をスマートにさらっと書くといったダジャレのようなものではありません。。笑

 
「SMART」とは、

S→specific(具体的である)
M→measured(測定できる)
A→achievable(達成可能である)
R→realistic(現実的である)
T→timed(期限が明確である)

 
この5つの要素の頭文字を取ったものです!

 
この要素について解説していきます!

S→specific(具体的である)

1つ目の要素はS→specific(具体的である)ということです!

ここでは5Wで目標を設定することが大事で、ここを意識すると目標が具体的に定まってきます!

 

Who:誰が
What:何を
When:いつ
Where:どこで
Why:なぜ

 
この5Wを全て入れ込む必要はないのですが、意識してみるだけでも目標が叶いやすくなります!

M→measured(測定できる)

2つ目の要素はM→measured(測定できる)というものです!

 
ダイエットを例に出していくと、多くの方が「痩せたい!!」という目標を立ててしまっていることが多いです。。

 
ですのでその目標を設定した後に計測が難しく、目標自体が意味のないものとなっている可能性が高いです!

 
もし「痩せたい」と思っているのでしたら、「3kg痩せる」といった測定できる目標にしていく必要があります!

A→achievable(達成可能である)

3つ目はA→achievable(達成可能である)というものです!

 
会社などで営業利益などを掲げる時に自分に取って到底不可能な目標を掲げて、その目標に取り組むモチベーション自体が落ちてしまっている方も多いと思います!

 
ですが、達成可能な目標を設定することにより、目標を叶えた時の達成感を得ることができますし、目標設定自体が楽しくなってきます!

hira
どうせやるなら自己効力感を上げるような工夫をして楽しく目標設定をした方がいいですよね!

 
今まで何も運動をしてこなかった人が、痩せるために「毎日ランニングをして10km走る」という目標を立ててしまったら普通に考えて実現するのが難しいですよね。。。

 
そして達成できない日には自分のことを責めてしまい、どんどん目標設定が嫌になると思います!

 
だからこそ自分自身が達成可能な目標を立てることが大切です!

R→realistic(現実的である)

次の要素はR→realistic(現実的である)ということです!

これは3つ目のA→achievable(達成可能である)と似ているのですが、ここも大切な要素です!

 
現実的に不可能な目標を立てると目標はいつまでも叶いません。。

 
毎日仕事後に走っている人がいたとして、仕事が終わってから寝るまでにフルマラソンの距離を走れと言われても厳しいですよね。。

 
現実的に不可能であると分かりますし、目標が上手く設定できてないと目標自体が意味のないものになってしまいます。。

T→timed(期限が明確である)

最後の要素はT→timed(期限が明確である)というものです!

 
この要素のように機嫌を設定することによって目標からの逆算ができるようになります!

 
「3kg痩せたい」と考えていた時には漠然としてしまっていて、いつまでに痩せれば良いのか分かりませんが、「1ヶ月に3kg痩せたい」と期間を設定することにより1日に100g痩せれば目標が叶うことが分かります!

 
このように機嫌を定めると自分自身のやることがはっきりするというメリットがあります!

「SMART」の法則に沿った目標の設定例

今回のように「痩せたい」という目標を「SMART」の法則に沿って設定していくとしたら、

 
「9月31日までに月曜、水曜、金曜日の仕事後に10分ランニングする」

「12月31日までに毎日6時に起きてスクワットを20回する」

 
といったように具体的に、達成可能な範囲で、現実的に可能な範囲で目標を設定することが大切です!

 
もちろん数字などで測定可能にして、期限などを決めて書くことが大切です!

 
こうすることにより、目標を達成するハードルがぐっと下がったのが分かると思います!

 
大切なのは、小さな成功体験を積み重ねていくこと!

 
なので、このように目標を立てていくと目標設定→達成の流れにはまり、病みつきになると思います。。笑

僕も目標を立ててみた

僕も早速「SMART」の法則に沿って目標を立ててみました!

今回僕が立てた目標がこちら!

 
「2017年9月22日までにワードプレスのブログを20件更新する」

 
ここで大切なのが目標がこの「SMART」の法則に沿っているのかチェックをすることです!

 

S→specific(具体的である)

→目標が具体的であり、法則に沿っている。

M→measured(測定できる)

→20件という数字で設定しており、目標に対する進度が測定でき、法則に沿っている。

A→achievable(達成可能である)

→先月7件であったが、時間管理をすれば十分実現可能。法則に沿っている。

R→realistic(現実的である)

→ブログにかけれる時間と、自分の今までの行動的に十分に実現可能である。法則に沿っている。

T→timed(期限が明確である)

→2017年9月22日と機嫌を決めており、法則に沿っている。

 
こうしてステップを踏むと具体的な目標を設定することができます!

まとめ

目標設定に書いていきましたが、大切なのは、「小さな成功体験を積み重ねること」だと思っています!

だからこそ、「SMART」の法則に沿って目標を設定することは非常におすすめです!

 
是非取り入れて下さいね!!

 
また、僕は新たな目標を100個以上書きました!笑

hira
これからどんどん叶えれるように頑張っていきます!!

 

夢や、目標を紙に書いたら叶うっていう迷信を実践したら恐ろしい結果が出た。。

2018.12.08

スポンサードリンク