【古着転売】8月に夏物を売り切っていない人がやばい理由

スポンサードリンク





どうも!

こんにちは!hiraです!

もう8月は始まって8日が経ちました。

皆さん物販の状況はいかがでしょうか??

物販の中でも古着転売を中心に話をすると、そろそろ夏物を売り切っていない方は焦った方が良いです。

今回はその理由について書いていこうと思います!

8月は夏物から秋物に切り替えるタイミング

まずは8月は夏物からだんだん秋物にシフトしていくからという理由が挙げられます。

店頭のショップで買い物をしている方は分かると思うのですが、8月になって夏物のセールが始まっていることに気が付くと思います。

半袖から、長袖にシフトした後に自宅に大量の在庫を抱えているという状況は資金繰りや、保有コストを考えるとあまり好ましくはない状況なので、値下げしてでも早めに売り切る方が良いと考えています。

まだまだ9月でも、極端な話12月でも半袖は売れるのですが、売れるペースを考えると在庫を溜めずにどんどん循環させる方がメリットは大きいです!

電脳せどりをメインでやっていたり、店舗に行かないよっていう方はユニクロのオンラインストアをチラ見するがおすすめです。

この時期にお客さんが欲しいと思っているor今後需要があるアイテムがすぐに分かります。

また、ユニクロなどは中国輸入のOEM販売でアパレル商品を売る方にも非常に参考になるので、チェックすることをおすすめします!

夏物の販売価格が下がっていく

そして8月は夏物の販売価格が下がっていくため、早めに売り切る必要があります。

なぜ販売価格が下がるかというと、

「夏物を早めに売り切りたい人が増えるから」

です。

第1章で書いた内容のような早めに売り切りたい人が値段を下げて、その結果全体的に夏物の販売価格が下がっていくのです。

勿論その中でもアカウントのブランディングを崩さず、高値で売り切る人もいますが、あくまで全体的な傾向としてはこの動きが強くなってきます。

そもそも、夏物の需要が下がり、その上で売り切るために多くのセラーが必死になって売り切ろうとして値段が下がるのは当たり前のように感じますよね!

だからこそ、どんどんセラーが値下げ競争をする前に頑張って売り切る必要があるのです!

hira
残酷なようですが、それが現実です。。

では8月はどういう戦略を取れば良いのか

ここまでの記事をみて不安になった方は申し訳ないです。。

ですが、大事なことなので、伝えていきました!

ここからはそういった状況がある中で8月はどのようにして取り組めば良いのか?ということについて書いていこうと思います!

最後までご覧ください!

1.出品していない商品がある場合は死ぬ気で出品する

精神論のような話ですが、現在出品していない夏物がある方は死ぬ気で出品していきましょう!

副業レベルの方での休みの日や、朝起きてからの自由な時間を最大限使って出品していくべきです。

メルカリであれば下書きに1日30品入れて、時間帯を決めて出品していくことがおすすめです!

それを他販路展開していくだけでも、結果が変わってきます!

ラクマ、メルカリ、ヤフオクの3販路にコピーして出すだけでも売れる確率はかなり上がってくるでしょう!

商品説明文などにこだわって出品できないのであれば、その考えを無くしていきましょう!

説明文がなくても写真が良ければコメント欄にてお客様からコメントがあり、その不足していた情報を補っていきことがおすすめです!

2.まとめ売りにチャレンジしてみる

これはヤフオクなどで有効な方法なのですが、まとめ売りで販売していくのもおすすめです!

1枚で売れなかった商品でも、その他のセット販売で金額的なメリットと、販売の効率化をはかることができます。

いままでチャレンジして来なかった方はまずはヤフオクで「まとめ売り」「在庫処分」「セット売り」などと調べて、他のセラーがどのような形で販売しているのか調べることから始めても良いかと思います!

hira
試行錯誤するのが大切ですね!!

まとめ

いかがでしたでしょうか??

今回は少し耳が痛い内容だったかもしれませんが、少しずつでも売り切るために行動を変えていければ良いと思います!

相談に関しても受け付けていますので、ライン@追加ボタンよりご連絡下さい!

ではまた更新していきます!

 

スポンサードリンク